スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆最後に一押しお願いします↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

借金兄弟2 説得

兄が帰ってくるまで様子をみるということになってから、3ヶ月経っても帰ってきません。
その間も実家には債権者からの督促状や電話が来ているようでした。

そして12月に入り、裁判所から封筒が届きました。ついに債権者の一社から訴えられたようです。
いよいよ帰ってくるのを待っている場合ではなくなったので、兄が働いている店に乗り込むことにしました。
母も一緒に行きたがっていましたが、余計なことを言って話がややこしくなりそうなので、私一人で行くことにしました。

店の閉店間際に行って兄に声を掛け、閉店後に外で会うことにしました。
正直なところ店の中で兄の姿を見つけた時にはほっとしました。もし仕事を辞めていたとしたら、警察に捜索願を出すしかないと思っていたからです。

閉店30分後に兄と落ち合い、近くのカラオケボックスで話をすることにしました。
中に入ると兄は私に「何?」「どうした?」などとぼけたことを言ってきます。

私「自分の置かれている状況が分かっているのか!?」
兄「・・・分かってる」
私「じゃあ今何をしなければならない?」
兄「・・・」
私「今の状況から立ち直るためには、まず何をすればいい?」
兄「・・・」
私「このまま逃げているだけじゃ何も変わらないぞ」

まず実家にこれまでに届いていた全ての督促状を兄に見せ、その後に裁判所からの封筒を取り出しました。
その紙を兄に渡し、予想されるこれからの流れを話します。
そこに書かれている呼出し日に裁判所に行かないと100%裁判に負けること、そうなると給料を差し押さえられる可能性があること、そうなれば会社に兄の状況を知られることになり、最悪の場合は会社にいづらくなる可能性があること。
呼出し状を持つ兄の手が震えているのが分かりました。

十分に兄に自分の置かれている状況を自覚させた上で、これからやらなくてはいけないことの話に移ります。
一つの方法としては必ず裁判に出ること。
そして、それよりもすぐに新しい弁護士か司法書士を探すこと。
自己破産に何か抵抗を感じるのであれば、任意整理という方法もあること。
兄が置かれている状況を解決するためには、兄の性格も考え、私には専門家に頼る他ないと思いました。

私の話を兄は黙って聞いてくれて、最後に「分かった。明日弁護士か司法書士を探す」と言ってくれました。
この言葉を聞いて私は内心ほっとしましたが、最後まで真剣な表情を崩さずに兄と別れました。
次の日に兄が結果を連絡するということになりましたので、その電話を待つことになりました。

この日兄と会ううえで注意していたのは、兄がしてきた過去について絶対に責めないこと。
とにかく兄が現在置かれている状況から立ち直るために、兄自身が起こさなくてはいけない行動を教えてあげるだけということでした。

自分自身の経験もあり、こういう状況に置かれた人間は自分の状況を自覚していないことはなく、ただそれを解決するための方法が分からないだけかもしれないと思ったからです。

☆最後に一押しお願いします↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

COMMENTS

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

かずちさん

はじめまして。コメントありがとうございました。
借金があると精神的に身動きが取れなくなりますが、債務整理をすると確実に前に進めるようになります。
相談の後はきっとほっとされると思いますよ。頑張って下さいね。

No title

どうもご無沙汰をしております。
お兄さんご心配ですが何とか立ち直ってもらいたいですね。

借金問題の話をする上で本人を責めないところはさすがですね。
素晴らしいと思います。

お兄さんが一日も早く前を向いてくれるようにお祈りしております。

銀蔵さん

こちらこそ、訪問してもまったくコメントしなくてすみません。

もし本人を責めてしまうと心が固まって、問題が足踏み、または後戻りしてしまうと思いましたのでそうしました。
兄のことはあと何回か記事にしますが、今のとこは順調そうです。
私も兄が立ち直れるように祈ってますが、これで駄目ならもう見放すしかないかも。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

demio0624

Author:demio0624
30代半ばの会社員です。
平成19年7月に弁護士に依頼し任意整理をしました。
平成22年7月ついに完済しました。

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
参考に
※依頼をされる場合はよく検討して自己責任でお申込下さい
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム
ご意見・ご要望、相互リンクの連絡等なんでもどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
禁煙
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。