スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆最後に一押しお願いします↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

借金回顧録 結婚

彼女はできたものの、多額の借金を抱え結婚するということなど全く考えることはできず、半分は人生を捨てているような気持ちでいました。結婚の話になりそうになると、話題を変えてごまかしたりしていました。彼女には借金があることは話していません。

それがある日、結婚の話から逃れられない状況になり、初めて彼女に借金があることを打ち明けることにしました。
私は彼女に結婚を諦めてもらうつもりで多額の借金があることを告白しましたが、彼女の答えは「借金なんて2人で頑張ればなんとでもなる」でした。正確な借金の金額はこの時も言えませんでしたが、毎月家賃と光熱費程度しかお金を渡せないこと、おそらく返済に5年はかかることを話しても彼女は「それでもいい」と言ってくれます。
この予想外の言葉にすごく感動して、彼女となら自分を変えることができるかもしれないと思い、結婚することを決意しました。半分人生を捨てていた自分をこんなに必要としてくれる人がいるという嬉しさでいっぱいでした。

今思えば、この結婚を決めた時に借金の解決方法を探し、任意整理を始めていれば良かったのかもしれません。
彼女には返済に5年くらいかかると言ったものの、返済計画を考えていたわけではないので、本当に5年で返せるかどうか分かりませんでした。この頃の借金総額は300万円を超え、すでに自分でなんとかできる金額ではなかったのかもしれません。

そして2005年の春に2人は結婚をしました。
妻もパートをして頑張ってくれていましたが、とても生活できる金額ではないのは分かっていたので、事前に妻に話していた金額よりもなるべく多めに給料を渡すようにしました。残りの給料から借金を返済すると、私の小遣いはほぼ0になってしまい、こうなるとまた悪い癖でスロットに期待をしていまいます。勝った時には妻に生活費を追加で渡すものの、負けた時には借金で補填です。

結婚して自分を変えるつもりだったのが、全く変わることができませんでした。変えようと決意したことを忘れてしまったのかもしれません。
スポンサーサイト
☆最後に一押しお願いします↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

借金回顧録 新たな出会い

競馬で自分の愚かさを実感してからもスロットはやめられませんでした。やめられないというより、借金を返すためにスロットで稼がないといけないという気持ちで、やめるという選択肢は当時の私の中には存在しませんでした。勝っている時は順調に借金を減らせるため、実際はスロットにより徐々に借金が増えているにもかかわらず、勝ち続ければいつか借金がなくせると思い込み、現実を見ようとしていませんでした。

そうして現実から逃げ続け数年が経ち、2004年の夏ごろにはアコムとクレジットカード2社の自転車操業ができなくなり、2社目の消費者金融となるプロミスと契約をすることになります。
以前アコムの無人契約機に入った時にはすごく罪悪感を感じたのが、プロミスの契約の時はまったく感じませんでした。
慣れとは恐ろしいものです。

この頃、のちに妻となる女性と出会うことになります。
借金をかかえてからは、恋愛や結婚の希望を持たないようにしていましたが、なぜか出会ってすぐに惹かれあってしまいました。
ただ結婚に関しては借金があって出来るわけがないと思い、なるべく考えないようにしていました。
☆最後に一押しお願いします↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

借金回顧録 愚かな勝負

2001年の秋、アコムからの借金が120万円を超え、クレジットカード2社を合わせた借金総額は200万円になってしまいました。
今ならパチンコをやめて月々の支出を減らす生活に変えればいいと冷静に考えられるのですが、当時は借金の金額を考えるとその多さに押しつぶされそうな気分で、冷静に借金に向き合って解決の道を探ろうとしていませんでした。スロットで勝って返せると本気で思い、毎日会社帰りに行く日々でした。それだけでも今考えれば馬鹿なことですが、冷静な判断ができなくなった私はさらに馬鹿な勝負をしてしまいます。

昔競馬をやっていた時期があり、そこそこ儲けていましたが、借金をしはじめてからは徐々に興味が無くなり、この頃はまったくやらなくなっていました。
やっていた時の持論は「競馬は何が起こるかわからない。例え実力が断トツの1番人気の馬でも、出走後に落馬や故障などで消えることがある。絶対と思えるレースでも特に1点買いは絶対にしてはいけない」でした。
競馬はやらなくなっていたものの、好きだった馬とか大きなレースの時はスポーツ新聞で情報をチェックはしていました。

そしてその年の秋の天皇賞を前日発売のオッズをチェックしていると、それまでのG1レースで6レース連続で1着2着になっていたテイエムオペラオーとメイショウドトウの組み合わせで4倍くらいのオッズになっていました。そのオッズを見て「これはおいしい!」と思ってしまい、これで借金を減らそうと考えてしまいました。
メイショウドトウは休み明けだったため不安はあったものの、今まで6回も続けて2頭で決まっているから今回くらいは来るだろうと思い込んでしまいました。頭の中は少しでも借金を減らしたい一心で、冷静に考えられなくなってしまい、すぐに休み明けの不安なんてどこかに飛んでしまいます。そして以前だったら絶対にやらなかった1点買いを決断してしまいます。

あとはいくらその1点を買うかだけです。もちろん貯金などないので軍資金は借金で調達です。
アコムの借金を100万円切りたいということで、最初は10万円買おうと決め家を出たものの、買う直前になって欲が出て倍の20万円に変更してしまいました。
今までそんな高額の馬券を買ったことはありませんので、買う時には本当にどきどきして周りの目を気にしながら買いました。

結果は書くまでもないと思いますが、1点買いの2頭は2着と3着で20万円の馬券はただの紙切れになりました・・・。
その日馬券を買った後、近くのパチンコ屋でやったスロットで15万円くらい出たので損害は5万円くらいになりましたが、ショックは大きく、自分の馬鹿さかげんを本当に思い知らされる1日でした。
☆最後に一押しお願いします↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

借金回顧録 もうひとつの依存

彼女が帰国しフィリピンパブには行かなくなったものの、その後も生活は改善しません。

アコムの借り入れが限度額の100万円に近づくと、再びアコムから増額の電話があり、また悩みながらも限度額200万円に手続きをしてしまいます。
これ以上の借金はやばいと思いながらも、だんだん借金に対する罪の意識が無くなっていき、借金を自分の貯金のように感じていました。

この頃、それまでも行っていたスロットの依存が徐々に悪化していきます。

ちょうどその頃のスロットは獣王やコンチ4Xに代表される爆裂AT機全盛時代。一万枚なんて当たり前のように出ていました。私も何度か出した経験がありますが、一度そんなに出してしまうとその快感にやみつきになってしまいます。出たらまた次の日も出るのではないかという期待感。負けても波に乗れば簡単に取り返せるという期待感。そんな期待感から仕事帰りに毎日パチンコ屋に寄るようになりました。
しかし簡単に勝てるほど甘くはありません。
かなり負けた翌日などは、今日はスロットをやらずに帰ろうと思っているのですが、仕事が終わるとスロットをやりたい衝動を抑えられず、結局行ってしまいました。
完全にスロット依存症になっていました。

フィリピンパブに行かなくなったものの、今度はスロットで徐々に借金が増えていきました。
アコムからの借り入れが120万円を超えたその年の秋、さらに馬鹿な勝負をしてしまいました。




☆最後に一押しお願いします↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

10月分返済

今月は残高不足になることもなく、きちんと振込が完了できました。

アコム (整理前残債)1,984,137円 ⇒ (和解後)380,384円 ⇒ (現在)308,884円

プロミス (整理前残債) 455,516円 ⇒ (和解後)365,590円 ⇒ (現在)平成20年8月末完済

JCB   (整理前残債) 972,475円 ⇒ (和解後)972,475円 ⇒ (現在)807,475円

VISA (整理前残債) 766,932円 ⇒ (和解後)753,205円 ⇒ (現在)628,205円

弁護士事務所への積立金は14万円くらいになりました。


今月も弁護士事務所に6万円の振込です。
その中から各債権者に弁護士さんから支払ってもらってます。

★各債権者への毎月の支払い額
  アコム:6,500円
  JCB:16,500円
  VISA:12,500円

それから債権者1件につき1,050円の振込代行費用を弁護士さんに支払っているので、3件で3,150円毎月引かれます。
毎月3,150円ってことは、1年で37,800円、3年かかるとしたら113,400円にもなってしまいます。
私は積立金がたまり次第、少ないとこから完済していく予定なので、そこまではかからないと思いますが、それにしても高い!私が使っているりそな銀行なら1件100円の振込料ですむのに。

これから任意整理をしようと思っている方、和解後の支払いを自分自身でしっかり管理できる自信があるなら、債権者への支払いは自分でやれる弁護士さん・司法書士さんを探したほうがいいかも。お金の管理にまだ自信が持てないなら、弁護士さん経由の支払いのほうがいいとは思いますが。
もっともお金の管理ができなかったから借金を作って、任意整理をすることになってしまったのですよね・・・

まあなんにせよ任意整理は生まれ変わるきっかけになります。和解後の支払いの期間に必死に借金体質を治しましょう!
☆最後に一押しお願いします↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
プロフィール

demio0624

Author:demio0624
30代半ばの会社員です。
平成19年7月に弁護士に依頼し任意整理をしました。
平成22年7月ついに完済しました。

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
参考に
※依頼をされる場合はよく検討して自己責任でお申込下さい
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム
ご意見・ご要望、相互リンクの連絡等なんでもどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
禁煙
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。