スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆最後に一押しお願いします↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

借金兄弟2 最後に

その後の兄ですが、債権者との和解も進み、支払いも始まり、現時点では順調にいっているようです。
両親に心を開けるようになるまでは少し時間がかかりましたが、現在は少しずつ良い方向に進んでいます。
現在の兄は借金という余計な心配が減り、仕事にも集中できているような気がします。
私が兄と直接話すことができれば、立ち直らせることができるという根拠のない自信がありましたが、今のところは順調のようです。このまま完済まで頑張ってほしいです。

このブログは家族の借金で悩んだ方の訪問も多いようですので、参考になるか分かりませんが、今回の兄のことで思ったことを最後にまとめて、この借金兄弟のカテゴリの更新を終了したいと思います。

以前の記事にも書きましたが、兄の借金問題がここまで長引いてしまったのは、両親が何度も借金を立替えてしまったことでしょう。
兄は立替えてもらった借金を両親に毎月返していましたが、親相手だと時間がたつとどうしても甘えが出てくるので、次第に返済しない月も出てきました。そして新たな借金や使い込みの発覚⇒親が借金を立替える。その繰り返しでした。
兄の借金が発覚するたびに私は両親に立替えないように助言しましたが、それにもかかわらず子供のためと思って立替えることを止められない両親を見て、「共依存」という言葉を以前の記事で使いました。

家族の借金で悩んでいる方は私の両親と似ているところはありませんか?
もしあればその行動は状況を悪化させる可能性がありますので、よく考えてみて下さい。
借金をした本人がきちんとその借金に向き合い、自分自身で解決する方法を考え、行動しないと、何度も同じ事を繰り返すことになります。


私が兄と話す際は次のようなことに気をつけました。

・借金や使い込みを繰り返してきた過去について責めない。
 ⇒もし責めてしまうと、心を閉ざして私の言葉を受け止めてくれなくなりそうなので。

・いかに前を向かせられるか?
 ⇒借金を抱え自暴自棄になっていると、解決方法を考えようとしないので。

・過去は話さずに現在と未来のことだけを話す。
 ⇒前を見させて、今行動しないとどうなるかを自覚させました。

・自分自身で解決方法を考えさせ、債務整理するための行動もすべて一人でやらせる。
 ⇒自分自身で債務整理を望み、行動をしないと、結局立ち直ることができない気がするので。


なかなか二人で話す機会がなかったのですが、弟としてずっと兄を心配していましたし、真剣に立ち直ってほしいと思っていました。それに私が立ち直ることができたのだから、兄もきっかけさえあれば立ち直れるはずだと。
恐らく借金を抱えている間、兄は孤独だったと思います。それがあの日、私が兄を真剣に心配し、立ち直る方法を一緒に考えている姿を見て、心を開いてくれて、立ち直るための行動を起こしてくれたのかもしれません。
借金を抱えている理由も性格も人それぞれですので、解決するための方法も一つではないと思いますが、兄はこのようなことで立ち直るための道を進むようになりました。
このカテゴリが家族の借金で悩んでいる方の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト
☆最後に一押しお願いします↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

借金兄弟2 応援

前回の兄の記事から間が空いてしまいましたが、久しぶりに書きます。


兄に会った後、両親に報告にいきました。
専門家を探して、その結果の連絡をくれることになったこと。
そして会話の内容、兄の表情から、今回はたぶん大丈夫だと思う。もし駄目でも何度でも兄に会いに行くよ。と両親を安心させました。

そのうえで両親にお願いをしました。
兄はひどく憔悴しているので、実家に帰ってくることについては焦らないで待っていてほしいということ。
帰ってきた時には温かく迎えてあげて、絶対に怒らないでほしいということ。
もし怒ってしまうと、再び心を閉ざしてしまって、振り出しに戻ってしまうかもしれないということ。
そして過去の事は言わずに、これからの事だけを話してほしいということ。

兄から債務整理を依頼する専門家を探して、結果を連絡するという約束を取り付けてほっとしたものの、実際にその連絡が来るまでは安心はできませんでした。

そして次の日・・・いくら待っても連絡はありませんでした。
私から電話やメールをしても繋がらず、夜中まで返事を待っていましたが、ついにその日は連絡がありませんでした。
せっかく直接話すことができて、これで大丈夫と思ったのにまた振り出しです。

その翌日、こうなったら何度でも兄の店に行くしかないなと思っていたところ、兄から電話が来ました。
すべて状況を話した上で受任してくれそうな弁護士がみつかり、相談の予約が取れたとのことでした。
聞くところによると、前日連絡をくれなかったのは、すぐに受任してもらえそうな弁護士がみつからなかったからだそうです。
それならそうと連絡してくれれば、こっちも余計な気を回さなくてもすんだのですが。こういうことができないのも借金がなかなか解決できない一因のような気がします。

そして数日後、弁護士に受任してもらったと連絡がありました。
任意整理をして、だいたい3年くらいの返済期間で進めるようです。
兄には「その期間をしっかりと頑張れば、必ず立ち直れるから頑張ってな」と伝えました。
問題は現在は立ち直るための意思を持っているのでしょうが、今後もその意思を持ち続けていられるかどうかでしょう。

とにかく今回、兄の背中を押して立ち直るためのきっかけを作ってあげることはできました。
あとは本人が頑張って立ち直ってくれることを、心の中で応援してあげることしかできません。
☆最後に一押しお願いします↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

借金兄弟2 説得

兄が帰ってくるまで様子をみるということになってから、3ヶ月経っても帰ってきません。
その間も実家には債権者からの督促状や電話が来ているようでした。

そして12月に入り、裁判所から封筒が届きました。ついに債権者の一社から訴えられたようです。
いよいよ帰ってくるのを待っている場合ではなくなったので、兄が働いている店に乗り込むことにしました。
母も一緒に行きたがっていましたが、余計なことを言って話がややこしくなりそうなので、私一人で行くことにしました。

店の閉店間際に行って兄に声を掛け、閉店後に外で会うことにしました。
正直なところ店の中で兄の姿を見つけた時にはほっとしました。もし仕事を辞めていたとしたら、警察に捜索願を出すしかないと思っていたからです。

閉店30分後に兄と落ち合い、近くのカラオケボックスで話をすることにしました。
中に入ると兄は私に「何?」「どうした?」などとぼけたことを言ってきます。

私「自分の置かれている状況が分かっているのか!?」
兄「・・・分かってる」
私「じゃあ今何をしなければならない?」
兄「・・・」
私「今の状況から立ち直るためには、まず何をすればいい?」
兄「・・・」
私「このまま逃げているだけじゃ何も変わらないぞ」

まず実家にこれまでに届いていた全ての督促状を兄に見せ、その後に裁判所からの封筒を取り出しました。
その紙を兄に渡し、予想されるこれからの流れを話します。
そこに書かれている呼出し日に裁判所に行かないと100%裁判に負けること、そうなると給料を差し押さえられる可能性があること、そうなれば会社に兄の状況を知られることになり、最悪の場合は会社にいづらくなる可能性があること。
呼出し状を持つ兄の手が震えているのが分かりました。

十分に兄に自分の置かれている状況を自覚させた上で、これからやらなくてはいけないことの話に移ります。
一つの方法としては必ず裁判に出ること。
そして、それよりもすぐに新しい弁護士か司法書士を探すこと。
自己破産に何か抵抗を感じるのであれば、任意整理という方法もあること。
兄が置かれている状況を解決するためには、兄の性格も考え、私には専門家に頼る他ないと思いました。

私の話を兄は黙って聞いてくれて、最後に「分かった。明日弁護士か司法書士を探す」と言ってくれました。
この言葉を聞いて私は内心ほっとしましたが、最後まで真剣な表情を崩さずに兄と別れました。
次の日に兄が結果を連絡するということになりましたので、その電話を待つことになりました。

この日兄と会ううえで注意していたのは、兄がしてきた過去について絶対に責めないこと。
とにかく兄が現在置かれている状況から立ち直るために、兄自身が起こさなくてはいけない行動を教えてあげるだけということでした。

自分自身の経験もあり、こういう状況に置かれた人間は自分の状況を自覚していないことはなく、ただそれを解決するための方法が分からないだけかもしれないと思ったからです。

☆最後に一押しお願いします↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

借金兄弟2 辞任

このカテゴリの記事を書くのは約半年ぶりになります。
この間に兄の状況にいろいろと変化がありましたので、これから数回に分けて書いていきたいと思います。


夏が終わるころ母から電話があり、兄の事で相談があるから来てほしいとのことでした。
翌日実家に行き話を聞くと、自己破産を依頼していた弁護士に辞任されたようです。すでに実家に弁護士からの辞任通知も届いており、債権者からの電話や督促のハガキも来ているようでした。
書類を提出せずに自己破産の手続きを進めず、そのまま借金がうやむやになるなんてことは無いので、いつかは辞任されることは分かっていましたが、依頼から約2年も待ってくれたこの弁護士さんは大変良心的な方だったと思います。

兄はというと、1週間ほど前から帰ってきていないとのこと。しかし毎度何か問題があると帰ってこなくなるので、分かりやすいですね。

両親は債権者からのハガキや電話(本人がいないので個人名しか名乗りませんが)が再び来るようになり、ひどく動揺していました。また懲りもせず、立替えて払ったほうがいいのか?などと言っています。
私は今まで両親に何度も話したことを再度強く話しました。

子供の借金は法律上、親や兄弟に支払い義務はないこと。
今まで何度も借金を立替えて、何も解決しなかったこと。
本人がきちんと自分の借金を見つめて、自分自身で解決をしないと根本的な解決にならないこと。

今回は両親も私の話に納得してくれて、しばらく様子を見ようということになりました。
今後の流れとして、自分で自己破産の手続きもできること、または新しい弁護士・司法書士を探すこと等を説明し、もし債権者から電話や訪問があっても兄と連絡が取れないので何も分からないと答えるようにと話しました。
この状態が続くと、もしかしたら債権者から裁判を起こされる可能性もあるので、もし裁判所から何か送られてきたらすぐに私に連絡するようにと伝えました。

どちらにしても兄が帰ってこないことには話が始まりませんので、帰ってくるまでとにかく待つしかないということになりました。


☆最後に一押しお願いします↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

借金兄弟 二人の違い

私たち兄弟は同じ家庭で育ち、同じように借金をし、同じように債務整理に行き着きました。
しかし現在の状況は違います。なぜこんなに違ってしまったのでしょうか?

一つの理由は独身の兄に対し、私は結婚をして守らなくてはいけない家族がいることだと思います。
守りたい家族のために自分が生まれ変わることを強く望んだからです。
もし私に家族がいなかったら、今も自暴自棄になって借金を繰り返していたかもしれません。

もう一つの理由はやはり借金を何度も親が立て替えたことでしょう。
最初の借金が発覚した時に立て替えることをせずに、自分自身で立ち直る方法を考えさせることができていれば、現在のような状況になっていなかったかもしれません。

借金体質というのは簡単に治るものではなく、本人が本気で生まれ変わる気にならないと、いくら周りの人間が言っても治りません。
ましてや借金の肩代わりをするということは、本人からすると肩身の狭い思いはするかもしれませんが、自分で苦労して返済をしたわけではありません。その時は本気で反省して立ち直るつもりでも、時間がたつにつれて簡単にその気持ちを忘れてしまいます。
そして一度借金が身内に発覚したことによって、その後お金が厳しくなった時でも身内に話すと、「何に使ったんだ?」「どうしてそうなるんだ?」などと厳しく言われそうな気がしてなかなか正直に話すことができなくなります。
そのようなことから結局は何度も借金を繰り返してしまうことが多いのでしょう。

私自身も一度親に立替えてもらった時は本当に反省したつもりだったのが、その後簡単に借金をしてしまいました。
しかしその後は自分自身で立ち直ることを強く望み、任意整理という方法を選び現在に至っています。

兄は自己破産という方法を選び、一度はやり直す決意をしたものの現在その手続きは止まっています。はっきりした理由は分かりませんが、恐らく両親に強く言われて自己破産を始めたものの、自発的な決意ではなかったので、時間がたつにつれてその気持ちが弱くなっていったのかもしれません。

このカテゴリを書いている途中で「共依存」という言葉を知りました。
兄と(かつての私も)両親は「共依存」なのかなと思います。
現在家族の借金で悩んでいる方は一度「共依存」のことを知っておいたほうがいいかもしれません。
【参考】パチンコは麻薬


このカテゴリはこれで一旦終わりますが、何か兄に動きがあったら再び書くかもしれません。
できれば自己破産手続きが進んで免責になったとのお知らせができればいいのですが。
悪いお知らせで記事が増えないことだけを願っています。

☆最後に一押しお願いします↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
プロフィール

demio0624

Author:demio0624
30代半ばの会社員です。
平成19年7月に弁護士に依頼し任意整理をしました。
平成22年7月ついに完済しました。

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
参考に
※依頼をされる場合はよく検討して自己責任でお申込下さい
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム
ご意見・ご要望、相互リンクの連絡等なんでもどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
禁煙
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。